SONY VAIO

何時から使っているのか思い出せない。 発売時期が2003年秋なので、その年の暮れか2004年初頭だったと思う。 海外モデルの英字キーボードに魅せられて Yahoo! Auction で購入した。 1.4Kg とサブノートにしては決して軽くはないが、1280x768 の 10.6型ワイド液晶は楽天証券の Market Speed で株価画面を表示するのに最適で、永らく愛用し続けている。 その間にインターネット接続環境は eo64(64kbps) から AIR-EDGE 4x(128kbps) を経て emobile(3.6Mbps) へと世代交代し、ストレスは大幅に改善された。 しかしながら、OSが起動して安定するまで3分くらい掛かってしまうのは致命的で、VGN-TZ の SSD モデルを物色中であったが、なかなか安くならず購入に踏み切れない状態が続いていた。

それではと、TR2A の HDD(Toshiba MK4004GAH) を SSD に交換してみようと思い立ち、SAMSUNG MCAQE16G8APR-0XA を Yahoo! Auction で購入した。 果たしてコネクタが同じかどうか不安もあったが、結果的には問題なく交換できた。 HDD からは Acronis True Image 11 Home でコピーし、OSの起動速度は劇的に改善された。 正確に測定はしていないが、体感的には3倍以上速くなって大満足である。

但し、容量は 40GB -> 16GB に減少した。 32GB の SSD(MCBOE32G8APR-0XA)も入手可能であるが、まだ高くて勿体無い。 OS + Application Programs で 10GB 弱の消費なので、実用上は特に問題ない。


Wireless LAN は IEEE 802.11b しかサポートしていないので、PCG-TR3E/B の Wireless LAN Card を Yahoo! Auction で購入して入れ換えた。 ところが、適合する Driver が見付からず、何時間も悪戦苦闘の末に PK-00432-00.exe を install したところ漸く認識した。 これにて IEEE802.11b/g に upgrade 完了!


バッテリーのリコールやTTシリーズの発売もあり、価格も下がってきたので、昨年末に VGN-TZ90NS をオークションで購入した。 SSD(32GB)+HDD(160GB)のモデルで流石に軽い。 OS は Vista Bussiness で、起動時間は TR2A(改)に比べると随分遅いが、我慢の範囲内である。 バッテリーが2時間ほどしか保たないのは期待外れで、LLサイズのバッテリーも購入してみたが、重くて常用する気にはならない。  当然、英字キーボードでワンセグも付いている。