BD

以前から DVD movie は DVD Decrypter で Ripping して観賞していたが、Sofmap で BHC-6316FBS(GGC-H20N) を安く購入できたので、BD(Blu-Ray Disk) の観賞に挑戦してみることにした。 まずは、Amazon で BD を1枚購入(EARTH)したが、 Display が未対応でPCでは映らないことが判明した。 さすがに BD は手強いようだ。

PCでBDを再生するには原則的に、BD Drive + HDCP対応 Video Card + HDCP対応 Display の組み合わせが必須なのだ。 そこで登場するのが、AnyDVD HD である。

機能 HD-DVD

BD に掛かっているプロテクトを一挙に外してくれる優れものである。 しかし、21日間の試用は可能であるが、そこそこ値の張るシェウェアなので、根本的な解決にはならない。 しかも開発途上のソフトなので、頻繁に Version up を繰り返している。 古い Version では解除できない BD もあって、最新版の入手が必要だ。 幸い、cracker や keygen が出回っているので、今のところは試用継続可能である。

ImgBurn はDVD Decrypter の機能を改良したライティングツールであるが、AnyDVD HD でプロテクトを解除した BD から ISO ファイルを作成するのに使用する。

DAEMON Tools Lite は ISO ファイルを仮想ドライブにマウントするためのソフトである。 BD から Ripping した ISOファイルは大きいもので50GBもあるためか、巧く行かない仮想ドライブソフトもあったが、DAEMON Tools Lite は問題ない。

PowerDVD は今のところ BD の再生が可能な唯一の Player である。 BHC-6316FBS のオマケで入手できたが、原則的には市販ソフトなので、Version up には結構苦労させられた。

SlySoft AnyDVD HD
ImgBurn
DAEMON Tools Lite
CyberLink PowerDVD Ultra v7.3

色々と試してみたが、現在は上記の組み合わせで BD も DVD と同じように Ripping 後に ISOファイルを観賞できるように成っている。

巷では「感染」が話題に成っているが、未だ理解できず。

レンタルは TSUTAYA の回転が一番早い。 申込->発送->到着->返却が2日で可能。 理論的には月に15回転可能。 実際には到着日に返却できない日があるので12回転くらいであるが、切手代よりもレンタル料の方が安い。

DMM はウィッシュリストに入れてもなかなか送られてこない。 精々4回転が限度の模様。 しかしながら、Blu-Ray のタイトル数も多いので継続している。